読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫雑記帳

日常をゆるゆると

ぜんぶ雪のせいだ~大幅遅延から入場規制までフルコース~

当たってほしくない天気予報は当たる

昨日の時点で本日は雪と予報されていましたが、昨日午前の段階では晴れており、予報がデマだといいなぁと思いつつ、雪用ブーツを念のため購入しようと思ったら所望していた色の自分の足のサイズのみ品切れ。
なんとなーく嫌な予感がしたものの、妥協して靴を買いたくなかったので取り寄せをお願いし、積もってないことを祈りつつ就寝するも祈りは届かず辺り一面銀世界でした。

 

とはいっても平素時から始業時間の20分前に最寄駅に着くように出勤しているので二度寝の時間を削れば始業に間に合うと信じて疑わなかったんですよね。
そんな思いをことごとく打ち砕いてきたのでここにアウトプットして気分を切り替えたいと思います。

 

自宅~最寄駅

レインブーツを履いていたので浸水はしなかったのですが家を出てすぐバスが軽快に目の前を走り去っていき絶望…
(なぜかダイヤ通りに来ないので1本逃したら歩いた方が賢明という鬼畜運行なのです)
諦めて徒歩で駅を目指そうと思い歩いていたところ、ダイヤ通りのバスが信号で止まっていたため、細心の注意を払ってバス停に引き返し、なんとかバスに乗り込みました。
靴の裏が凍っていてバス内が滑るというひやひやの乗車が終わり、なんとか駅のホームに辿り着くと乗ろうと思っていた快特電車が数十分来ない…
絶望したのでとりあえずホームから写真を撮りました。

f:id:parurururu:20160118131513j:image

アナウンスによると各停は動いているとのことで急いでホームを変更。
なんとか最寄駅を後にし、乗換駅①まで進むことができました。
(この間ありえない乗車率でつぶれそうになっていたことは言うまでもない)

 

乗換駅①~乗換駅②

ここで乗り換える路線がダイヤ乱れ常習犯なのですが、朝のNHKではそのような情報がなかったため賭けてみることにしました。
乗る電車が隣駅で停車中というアナウンスがしばらく流れ、信号変わり次第来るからの1本別の電車を受け入れてから来るという来る来る詐欺で、実際来たのは8時近いのに6:40とかに着予定の電車でした。
途中駅でなんとか座れたので束の間の休息。
そして乗換駅②に到着しました。

 

乗換駅②~会社最寄

ここまで来たらあとは2駅なので15分もあれば会社最寄まで着くとほっとしていたところ、階段に長蛇の列。
なんと改札内混雑のため入場規制が行われていました。

f:id:parurururu:20160118131520j:image
この段階で8:40だったので始業時間に到着はもはや諦めました。
なんて大人気アトラクションなのでしょう…
階段の途中だったためなすすべなく待つこと20分程度でしょうか、何とか改札をくぐることに成功し、9:20頃に出社しました。
 

明日が心配です

駅に入るのすら入場規制のケースも散見していましたので、私は比較的恵まれたケースかもしれません。
もともと遠いのですが通勤に2時間以上要したため、体が冷え切り体調があまりよくなく、風邪ひいていないといいなとうっすら頭をよぎっています。
 
ここまで降ってしまうと明日路面凍結していないか非常に心配なところです。
昨日注文したブーツが手元にあれば…